郵便局の教育ローンの利用条件

郵便局の教育ローンの利用条件

ゆうちょ銀行では、平成19年10月以降、教育積立郵便貯金の新規申込みは受け付けていません。
MENU

郵便局の教育ローンの利用条件

ゆうちょ銀行では、平成19年10月以降、教育積立郵便貯金の新規申込みは受け付けていません。

 

郵便局とゆうちょ銀行が扱う郵貯貸付の対象となるのは、教育積立郵便貯金の預金者です。

 

教育積立貯金は郵便貯金の一種で、教育資金の為にはじめる積立方式の教育ローンです。
郵便局の教育ローンを利用するためには、あらかじめ教育積立貯金をして郵便局の教育ローンの利用条件を満たしておく必要があります。

 

国の教育ローンを利用する際には様々な条件があるため、誰もが簡単に利用するのは難しいという面があります。
しかしその中で郵便局の教育ローンの利用条件は比較的緩やかだと言えるでしょう。
まず、郵便局の教育ローンを利用する場合は、国の他のローンとは異なり、所得による条件がありません。
また、外国の学校を含めた高校以上のほとんどの学校が郵便局の教育ローンの融資の対象となるという点も、利用条件としては比較的緩やだと言えます。
郵便局の教育ローンを利用するためには、保証人1名が必要という条件があります。
ただし、財団法人教育資金融資保証基金の保証を利用できれば、保証料として年1.0%を上乗せすることで、保証人なしでも郵便局の教育ローンを利用することができます。
郵便局の教育ローンの返済期間は10年以内で、固定金利となっています。<文・BH>

関連ページ

郵便局の教育ローン
ゆうちょ銀行、郵便局の教育ローンを利用できるのは、教育積立郵便貯金の預金者のみとなります。
教育ローンと郵便局の教育積立貯金
教育積立貯金とは郵便貯金のひとつで、教育資金の準備を目的とした積み立てです。
ゆうちょ銀行が扱う教育ローン
ゆうちょ銀行は、2007年10月1日に発足しました。郵便局の教育ローンとして「教育積立郵便貯金」がありましたが、2007年10月から新規申し込みを受け付けていません。2008年5月からスルガ銀行の個人向けローンの申込み受付けをはじめました。
かんぽ生命の新学資保険『はじめのかんぽ』。郵便局でも取扱い
かんぽ生命から新学資保険が発売された。 貯蓄性が高く、教育資金の効率的な準備などと 世のニーズに応えた商品ラインナップとの発表。