教育ローンと金利

教育ローンと金利

各種の教育ローン・金利の比較

教育ローンと金利

現在、教育ローンを扱っている金融機関はたくさんあります。ローンを組む時に一番検討しなければならないのは金利です。少しでも安い金利で借り入れ出来ればなによりです。

 

まずは奨学金制度の利用や日本政策金融公庫(旧・国民生活金融公庫)の教育ローンをおすすめします。

 

しかし誰もが国のローンを組めると言うわけには行かないのが現状です。国の教育ローンは制限も多く審査においても年々厳くなってきています。

 

また融資金額が足りないといったケースもあげられます。その他の選択としては民間の金融機関があります。JA(農協)や労金(ろうきん)や銀行の教育ローンです。なかでも労金の教育ローンは金利や融資条件において長けていると言えます。
※地域により金利差が生じます。
※組合員や団体会員と団体会員以外に別けられていますが低金利でお得な教育ローンです。

 

 

JA(農協)も融資額や金利の面で良いと思いますが組合員対象の教育ローンです。その他には多く銀行や信用金庫の教育ローンがあります。銀行によっては金利優遇措置も付いてきます。また融資限度額も300万円から500万円とさまざまです。しかし金利は割高となります。

 

 教育ローンの借り入れには金利はもちろん、返済方法の検討も必要です。ご存知のとおり固定金利型や変動金利型があります。変動金利は安い印象があります。

 

しかし景気などに左右され易く長期のローンを組むにはおすすめできません。長いスパンで考えてみますと少々金利が高くとも固定金利型のほうが安心かとも思うのですが。

 

それぞれの特徴をもった たくさんの教育ローンが有ります。ともあれ、家計に負担の少ない借り入れを考えなければなりません。各種の教育ローンの詳細はインターネットで検索できます。

 

また比較や返済シュミレーションができるサイトもあります。お取引の金融機関に相談する手段もあります。将来的な事も見据えて教育ローンを検討なさってください。

 

当サイトでも順次情報を更新していく予定です。お役に立てれば幸いです。