教育ローン利用世帯の教育費実態調査

教育ローン利用世帯の教育費実態調査

「国の教育ローン」を利用した世帯の教育費は年収の32.8% 日本政策金融公庫による教育費の 実態調査をご紹介します
MENU

教育ローン利用世帯の教育費実態調査

教育費は年収の32.8%に上るという調査結果があります。

国の教育ローン看板

国の教育ローンの日本政策金融公庫が行った
教育費負担の実態調査があります。
それによりますと教育費は年収の32.8%に上るものの、減少傾向です。
しかし世帯年収に占める教育費の割合は過去最高水準で
推移しているということであります。
その調査結果をご紹介します。
調査は平成23年7月に行われたもので
調査結果の発表は平成23年11月です。
調査対象:21,368世帯
(平成23年2月〜3月に「国の教育ローン」を利用した世帯)
回答率:24.3%(有効回答数:5,200世帯)

教育費負担の実態調査結果の概要

教育費の支出状況について
・高校入学から大学卒業までに必要な費用:1042万3千円(子供1人当たり)
は前年より、17万5千円減少(前年は1059万8千円)
・年収階層別で目立つのは「年収800万円以上の世帯」が1140万7千円で、
 前年より87万8千円減少(前年は1228万5千円)
・子供一人当たりの入学費用:高校 51万7千円、
  高専・専修・各種学校 87.5万円、
  短大70.9万円、 大学 97.5万円
・私立大学の入学費用:理系 103.5万円、文系 98.6万円
・国公立大学の入学費用:84.6万円
・国公立大学へ入学した場合、入学しなかった学校(私立大学等)への
 納付金(13.6万円)の負担が大きい
在学費用の負担について
・在学費用の年収に対する割合:37.7%(前年は37.6%)
・年収階層別では、「年収 200 万円以上 400 万円未満 世帯」の
 在学費用の割合は 57.5%。(年収の半分以上! 年収が低い世帯ほど負担が重い)

・世帯年収の平均:566万9千円。前年調査では572万5千円、5万6千円減少。
・子供1人当たりの1年間の在学費用:
高校 94万5千円、高専・専修・各種学校 148万6千円、
短大 140万8千円、大学 152万4千円
・私立大学の1年間の在学費用:理系 179万5千円、文系 148万5千円
・国立大学の1年間の在学費用:116万2千円
・住宅ローンのある世帯は、51.9%
・住宅ローン返済額+在学費用の合計が年収に占める割合:平均51.4%(昨年度52.1%)
高校入学〜大学卒業までに必要な費用
・子供1人当たりの入学費用+在学費用 平均:1042万3千円
(高校3年間で335万2千円プラス、大学に入学した場合707万1千円)
・高校卒業後の入学先別 入学費用+在学費用
私立大学に入学した場合:理系 1,156万81千円、文系 1,027万71千円
国公立大学に入学の場合:884万5千円
自宅外通学者の費用
・自宅外通学者のいる世帯:39.8%

・自宅外通学者への仕送り額の年間平均:102万11千円(月額8万51千円)
・自宅外通学を始めるための費用(アパート敷金や家財道具の購入費など):平均47万61千円
・入学費用+自宅外通学を始めるための費用の合計:平均139万31千円(入学者1人当たり)
教育費の捻出方法
・教育費以外の支出を削っている(節約):62.2%  
・奨学金を受けている:56.5%
・在学者本人がアルバイトをしている:38.0%
・節約している支出の内容:
旅行・レジャー費(61.6%)、外食費(49.3%)、
食費・外食費を除く(56.5%)、
以上教育費負担の実態調査から、目立ったところを抜き書きいたしました。
そのほか「年収階層別の教育費 捻出方法」や「東日本大震災の影響(被災3県)」なども記載されております。
詳しい内容は日本政策金融公庫の「国の教育ローン」サイトから
見ることができます。

関連ページ

教育ローンの返済を企業が肩代わり。Uターン促す地方の試み
就職後に奨学金や教育ローン返済の負担に苦しむひとが多い事が、 問題として取りざたされていますが、 教育ローンの返済を企業が肩代わりするという学資支援事業のお話です。
八十二銀行教育ローン特別金利キャンペーン
教育ローン〈学資上手〉の八十二銀行が、「教育ローン特別金利キャンペーン」をやっていますのでご紹介いたします
「提携教育ローン」の新規取り扱い中止
「提携教育ローンの審査」について、いろいろ考えていましたが、大手銀行が新規取り扱い中止を発表しました。どうやら「改正割賦販売法」の余波ということのようです
教育ローン 優遇キャンペーン
受験・入学シーズンの時節は各教育ローンの審査申請が多い時期でもあります。教育ローンの優遇金利などのキャンペーンをご紹介します。
教育ローンや貸与奨学金を借りてでも進学したほうが良いか
日本経済新聞2月18日・"大学進学断念「学費で」7割"と題する記事をご紹介します。
教育ローン利子補給金
「教育ローン利子補給金」や「教育資金利子補給金」などと呼ばれる制度をご存知でしょうか。
教育ローン詐欺・送検
国の教育ローン(日本政策金融公庫)に対して、 融資金をだまし取ったという教育ローン詐欺事件です。
教育ローン キャンペーン 始まりました
教育ローンや学資ローンのキャンペーンが、 毎年9月になると多くの金融機関で、始まります。 ローン審査のお申し込みはお早めに。
教育ローン、その前に
教育ローンをご検討をされている親御さんへ。 景気の低迷に加えて復興税も囁かれています。 教育費は家計へのご負担が重くのしかかってきます。
教育ローン 審査をQ&Aサイトで相談する
教育ローンの審査に関する疑義や相談を Q&Aサイトで検索してみました
大学へ行くのにはいくらかかるのか?(教育ローン申請の前に)
教育ローン審査申し込みの前に 大学4年間にかかる費用を考えてみましょう
教育費と教育ローン
大学卒業までの教育費は どれくらい必要なのでしょうか 教育ローンや奨学金の申請の前に・・・
しずぎん(静岡銀行)教育ローン/「金利割引券」
例年通り教育ローンキャンペーンが繰り広げられています。 静岡銀行教育ローン「金利割引券」をご紹介します
教育ローン審査 証書貸付と当座貸越
教育ローンの用語解説。 こんかいは 証書貸付と当座貸越についてのお話です。
ネットバンク、住信SBIネット銀行の「MR.教育ローン」
ネット専業銀行(ネット銀行、ネットバンク)の教育ローン。 住信SBIネット銀行が5月から「MR.教育ローン」をはじめました。
教育ローンの参考書
教育ローンや奨学金などをテーマにした実用書は多くはありません。 三冊を探しあて読んでみました。 それぞれの特徴と読みどころをご紹介します。
教育資金と教育ローン【大学はいくらかかる?】
入進学シーズンを迎えて、差し迫ってくる教育資金の準備。 不足は教育ローンや奨学金、ということになりますが いったいいくら必要なのでしょう。 大学、短大、専門への教育費や生活費の実態調査から考えてみましょう。
教育ローンに"ガン保証"
■■■■このページの目次■■■■ 教育ローンにガン保証  “ガン保証”つき筑波銀行の教・・・