教育ローンと郵便局の教育積立貯金

教育ローンと郵便局の教育積立貯金

教育積立貯金とは郵便貯金のひとつで、教育資金の準備を目的とした積み立てです。
MENU

教育ローンと郵便局の教育積立貯金

平成19年10月から、ゆうちょ銀行の教育積立郵便貯金は受け付けておりません。

 

 

郵便局やゆうちょ銀行の教育ローンを利用するためには、あらかじめ郵便局で教育積立貯金をしておく必要があります。
教育積立貯金とは郵便貯金のひとつで、教育資金の準備を目的とした積み立てです。
教育積立貯金をしておくことで、独立行政法人郵便貯金や簡易生命保険管理機構からの斡旋が可能となり、教育ローンを郵便局で利用できるようになります。

 

教育ローンを郵便局で利用するための教育積立貯金は、5,000円単位で10,000円以上の定額を1年間から5年間に渡って積み立てるというもので、積み立ての上限は200万円までとされています。

 

そもそも教育ローンを郵便局で利用する際の融資限度額は教育積立貯金と同額とされていますので、つまり郵便局の教育ローンは200万円まで融資を受けられるということになるわけです。

関連ページ

ゆうちょ銀行の教育ローンを教えてください?
民営化で生まれたゆうちょ銀行は、以前にあった国の教育ローン「郵貯貸付」は受付終了。スルガ銀行の「教育プラン」代理業務も終了。ゆうちょ銀行には「教育ローン」がありません。
ゆうちょ銀行の「教育ローン」はまだか。「フラット35」申請。2021年1月
ゆうちょ銀行は住宅ローンの「フラット35」と、「口座貸し越しサービス」の認可申請を金融庁、総務省へ行いました。今回の申請には「教育ローン」が含まれておらず、ゆうちょ銀行は教育ローンからしばらくは遠ざかったままとなるようです。
郵便局の教育ローン
ゆうちょ銀行、郵便局の教育ローンを利用できるのは、教育積立郵便貯金の預金者のみとなります。
郵便局の教育ローンの利用条件
ゆうちょ銀行では、平成19年10月以降、教育積立郵便貯金の新規申込みは受け付けていません。
かんぽ生命の新学資保険『はじめのかんぽ』。郵便局でも取扱い
かんぽ生命から新学資保険が発売された。 貯蓄性が高く、教育資金の効率的な準備などと 世のニーズに応えた商品ラインナップとの発表。
ゆうちょ銀行が扱う教育ローン
ゆうちょ銀行は、2007年10月1日に発足しました。郵便局の教育ローンとして「教育積立郵便貯金」がありましたが、2007年10月から新規申し込みを受け付けていません。2008年5月からスルガ銀行の個人向けローンの申込み受付けをはじめました。
教育ローン ゆうちょ ・【ろうきん・JAバンク】 2021年8月更新
ゆうちょの教育ローン、ろうきんの教育ローン、JAの教育ローン、は国の教育ローンに次いで検討される方も多くいらっしゃいます。ゆうちょの教育ローン、ろうきんの教育ローン、JAの教育ローンはそれぞれの特徴があり、利用条件も異なります。ご自身に適した教育ローンを見極めるためには、これらの教育ローンの内容や条件などを比べ対策を立てておきましょう。(ゆうちょには現在教育ローンはありません)
ゆうちょ銀行(郵便局)のローンについて【2021年】
現在のゆうちょ銀行には教育ローンはありませんが、ローンや貸し付けが全くないわけではありません。ゆうちょ銀行のローンや貸し付けについてまとめてあります。
ゆうちょ銀行 手数料【新設・改定・変更】《2022年1月17日》
ゆうちょ銀行のサービス手数料が2022年1月から変わります。無料だったものが有料化、各種サービスの値上げなど大幅な変更となります。ゆうちょ銀行の手数料改定についてまとめてお伝えします。